情報が足りない?

Posted on 16.9.10 By

実際のところ、私たちは自分たちが将来どのような保障を必要としているのか、という点を、十分には把握していないかもしれません。
たとえば、私達は老後、自分たちがどのくらいの資金があれば満足に生活していけるのか、という大体の金額を理解しているでしょうか。
きっと多くの方が、なんとなくのイメージはあるかもしれませんが、その具体的な金額まではわからない、という方がほとんどでしょう。
確かに、私たちが実際にその年齢にいたるまで、実感がわかないこと、そして理解が追いつかないことが多数あるかもしれませんが、もし『これくらいで大丈夫だろう』と思っていて、本当はそれ以上の準備が必要だったとしたら、私達はとっさに不足分を準備できるかと言うと、それは難しいでしょう。
ですから、余裕を持って準備をしておくことは大切です。
そしてそのために、生命保険がある、と言うことができます。

私達は、生命保険に加入することへの意味合いを失いがちです。
しかし、それらが保障するのは、単なる安心感ではなく、将来の保障、安心してくらせるための保障である、という点を考えると、どの生命保険に加入するか、という点を軽く考えてはいけない、と言うことがわかります。

未分類