保険の意義と意味

私たちが加入する保険は、将来私たちが経験するかもしれないさまざまな事態を防いではくれません。あくまで、そういった事態が生じたときのために準備するものです。ですから、もしそこに費用をかけすぎて、必要以上の保障を求めてしまうなら、今この現在の家計を圧迫してしまうかもしれません。それはあまり、意味のないことです。ですから、私達は自分がどのような保険に入り、どのような選択を行うことが最善であるのか、という点を考えるなら、自分や家族にとって、最適な選択ができるでしょう。

考える現代においては、非常にさまざまな種類の保険があります。私達はそれらの中から好きなものを選ぶことができますが、人からそれが良いと言われたから加入するとか、保険会社から薦められたので加入する、といった安易な決め方では危険です。ある人に合っている保険が自分にとって合うということでもありませんし、また保険会社が提案している保険はあくまで自社の利益のことを考えたものだからです。

こうした場合におすすめな方法として、保険相談サービスを利用するという方法です。これは沢山の保険の中からその人にピッタリの保険を案内してもらえるサービスです。専属のファイナンシャルプランナーなどのプロが相談にのってくれますので安心です。無料で受付しているところが多く、窓口に行けない人のために訪問型サービスなどもあります。

保険について詳しく知りたい、相談にのってほしいという人はこうしたサービスを活用してみると良いかもしれません。沢山の保険内容を知ることで視野も広がります。じっくり検討して自分に合った保険を見つけるようにしましょう。

その保険、大丈夫?

医師きっと皆さんもすでに生命保険に加入しておられるかと思います。しかし、ここで一度考えてみましょう。『本当にその保険、大丈夫ですか?』。なぜ今、この質問を考える必要があるのでしょうか。すでに生命保険に加入しているなら、怖いものは何もないのではないでしょうか。

確かに生命保険は、突然の入院、手術など、費用が必ず掛かってくる事柄に備えるものです。しかし、その分私達は確実に毎月『保険料』を支払っています。もちろんその保険料によってさまざまなことが保障されるといっても、保険のないようによっては、自分では必要以上のことが保障されている場合もあります。そのとき、支払っている保険料のうちいくらかは無駄と言うことになるかもしれません。出費が多ければ多いほど、将来その保険が必要なかったときのリスクが増大します。

保険によって、今の生活が苦しくなり、首が絞められては意味がないのです。ですから、私達はもう一度、自分が加入している保険が、本当に自分や家族のためになっているか、という点を考える必要があります。その上で、自分が加入している保険を、見直すことができるか、という点を考え、必要であれば改善を行うこともできます。

情報が足りない?

実際のところ、私たちは自分たちが将来どのような保障を必要としているのか、という点を、十分には把握していないかもしれません。たとえば、私達は老後、自分たちがどのくらいの資金があれば満足に生活していけるのか、という大体の金額を理解しているでしょうか。きっと多くの方が、なんとなくのイメージはあるかもしれませんが、その具体的な金額まではわからない、という方がほとんどでしょう。

家族確かに、私たちが実際にその年齢にいたるまで、実感がわかないこと、そして理解が追いつかないことが多数あるかもしれませんが、もし『これくらいで大丈夫だろう』と思っていて、本当はそれ以上の準備が必要だったとしたら、私達はとっさに不足分を準備できるかと言うと、それは難しいでしょう。ですから、余裕を持って準備をしておくことは大切です。そしてそのために、生命保険がある、と言うことができます。

私達は、生命保険に加入することへの意味合いを失いがちです。しかし、それらが保障するのは、単なる安心感ではなく、将来の保障、安心してくらせるための保障である、という点を考えると、どの生命保険に加入するか、という点を軽く考えてはいけない、と言うことがわかります。

保険見直しと保険

将来『保険』というワードを聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか。多くの方が『安心できるもの』といイメージを持つかもしれません。
たとえば、ある重要なことに対して『保険をかけておく』といった言い方をする場合がありますが、それは単に緊急なときのために備えておく、ということだけではなく、その保険を用意しておくことによって安心感を得る、という点も関係しています。私たちが選ぶ保険は、どのようなものでしょうか。

現代においては、多くの方が、『生命保険』という、いわゆる一つの『安心』の形に加入しています。もちろんそれによって私たち自身の生命が保障されるわけではありませんが、もしものときのために準備を行っているという安心感を、それによって得ることができます。私たち誰もが感じているのは、その生命保険に加入する重要性です。それによって得られるのは、単なる安心感ではなく、より重要な『保障』なのです。そしてその保障は、私たちが必要としている『お金』に関する保障と大きく関係しています。

皆さんも生命保険に加入しておられるかと思いますが、いったいどのような生命保険に加入しておられるでしょうか。現代において、私たちが選ぶことができる生命保険は非常に多くの種類がありますが、その中で、どれを選べばよいのでしょうか。また、実際に保険に加入したあとも、『保険見直し』を行う必要性は、どういった点にあるのでしょうか。そういった点を、取り上げます。